上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三線の楽しみ方、伝え方


はいさい!呼夢三線広め隊の上江田武信やぃびぃーん

呼夢三線広め隊

今日も関西から三線を弾いてみたい、沖縄大好きな人たちがやってきました。今、私の身近で三線の話をしたら止まらない、熱い男が初めて手にする人たちにどんなふうに三線の楽しさを伝えるのか?語るのか?

熱く語るから熱く伝わるのでしょうね?
1時間ほどすると皆さん、エエ四(楽譜)を暗譜して、てぃんさぐぬ花を弾きはじめました。

呼夢三線広め隊

楽しさは、嬉しさは顔に表情として出ます。性格も顔に出ます。負けず嫌いな人は、「心の中で悔しい!!!何で、出来ないんだ」って、叫んでいる表情になったり、ヤッター!!!出来た!!!できた。って、悔しいが嬉しいの表情に変わります。

呼夢三線広め隊

私は、会う人毎に伝えています。
どんなことがあったとしても、いつも心を弾ませてください。いつも心を踊らせてください。
その弾んだ心から産まれる言葉で、会う人とに語りかけてください。歌って下さい。沖縄の歌、てぃんさぐぬ花。

そんな想いで、いつもてぃんさぐぬ花を唄って、三線の楽しさを広めています。

呼夢三線広め隊

2時間前に出来なかった、弾き方もわからなかった人たちが、1時間を過ぎた辺りから、どんどん笑顔が増えていく。笑顔の連鎖。

呼夢三線広め隊

改めて思いました。
楽しさを伝えている自分が一番楽しい。楽しさを伝えている人を見るとこちらも楽しくなる。


沖縄の音色が人々を笑顔にする。
沖縄の歌が人々の明日への活力を生む。

てぃんさぐぬ花に乗せて、
継続は力 継続は宝 継続の継続は歴史となる。

100回以上は歌ったでしょうか?
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。