呼夢三線広め隊

沖縄の小さな魅力


沖縄の大きな魅力は、まだ沖縄に行かなくても誰だって知っている想像もできる。私達が伝えたい感じて欲しいのは沖縄の小さな魅力。ド素人の池辺賢児君ですが、サービス精神ならプロ以上のプロだと最近、思うようになりました。

きっと、彼の本能というか、直感でその場を空気を読んで積極的に覚えたての沖縄民謡をギター演奏して歌います。

彼の摩訶不思議なリズム、フランス語なのか?琉球語なのか?私もたまに聞き取れないウチナーグチ(沖縄の方言)

流石です。1歳になったこの子にはとても心地よい響きだったようです。終始、夢中になっているこの子とママの笑顔がとても素敵だったので隠し撮りをしてしまいました。(笑)

呼夢三線広め隊

あれっ、新潟のさとうまさこも、かきやえりこも居るぞっ。(笑)

今日は今年3回目沖縄里帰り?のまさこさんは17:00に那覇空港に降り、その足で恩納村まで直行して来てくれました。
沖縄移住したばかりの英理子さんは、時々、三線ライブに顔を出すようになりました。

呼夢三線広め隊

呼夢三線広め隊

いつもの三線ライブは大ホールを中心に行うのですが、今日は大ホールは1回、座席の席を3手に分けて膝を交えて、沖縄の小さな魅力を語りながら、沖縄が好きだという人たちの話を伺いながら、呼夢三線広め隊流の特別なおもてなしを心がけてみました。

呼夢三線広め隊

真栄田、柿山、池辺チームの席は特別盛り上がっていました。
初めて沖縄来た大学生のひとりが真栄田さんが唄い出すと・・・・・・・・。
何故か、泣いている。泣ける歌でもない島ちゅぬ宝。でも、泣いている。

「ありがとうございました。とても感動しました。また、来ます。YouTubeも見ます。(直ぐに見ていましたけどね)」

呼夢三線広め隊

渡嘉敷さんは三板を教えていました。今日の渡嘉敷さん、いつもより三板を教える時間が長い。優しいぞっ。普段よりも笑顔が絶えないぞっ。何故でしょうか?(笑)

呼夢三線広め隊 上江田武信

台湾から来た観光客の皆さん。
涙そうそうを演奏すると云ったら、スマホで台湾語の歌詞を検索して、すぐに一緒に歌う。台湾でも涙そうそうは大ヒット曲です。イメージ的には日本よりも知っている人が多い。そんな印象さえあります。

台湾の方は日本が、とくに、沖縄が、沖縄の音色が大好きです。
その証拠に、ここ数年、私のYouTubeチャンネルは、沖縄移住者sが多いブラジルを抜いて、アメリカも抜いて、1位日本、2台湾の順位に入れ替わりました。

今では、プロとして、三線の先生としても活躍しているSoさん。彼もまた、多くの沖縄好きな台湾人を私に紹介してくれました。
ああ・・もう懐かしい映像です。桃原くんも写っているぞっ。







呼夢三線広め隊 素敵な仲間を募集中です。

呼夢叶夢のブログも更新しました。遊びに来てくださいね。


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する