ハイサイ!上江田武信です。呼夢三線広め隊の皆さんが楽しそうに、嬉しそうに三線の練習動画や写真を投稿しているのをみて、私も傍にいるような臨場感を高めてみています。(昨日、投稿されていた動画は後程、シェア、紹介することにして)


さて、三線を始めると耳コピーを意識するようになりませんか?私も三線が弾けるようになってから、ちんだみ(チューニング)が耳で出来るようになった時は嬉しかったものです。

さて、今日は耳コピー、目コピーについて登校しようと思います。

目コピー、目力、アイキャッチ


人とちょっと違う、独自の楽しむ三線の練習方法も意識して



見えない音を耳で覚える。見えない音を耳で探す。私は、聴覚を鍛える為に、昔、トイレまで目を閉じて歩く訓練をしていました。ただ、聴覚が鍛えられるということの理由で。だけど、長くその訓練は続きませんでした。(笑)

目コピー1.jpg

丁度、目コピーのイメージにいい練習をしている動画が投稿されていました。呼夢三線広め隊の松尾さんの練習風景。目力、目コピーをまるで意識しているような。動画をみて瞬きを殆どしていない。

o0400022510944989285.jpg

三線と写真、カメラの共通点

愛・キャッチが出来るようになる。レンズだけじゃなく、目も同時にアイキャッチする。
沖縄の良いところ、アイキャッチしてくださいね?松尾さん

三線の練習だけど、脳トレも意識して練習すると三線の練習がより楽しくなりますよね?

追記

三線の楽しみ方、三線の上達方法


三線の上達方法というより、三線の楽しみ方は、何といっても臨場感をもって(イメージして)三線の練習するといいと思います。例えば、人前で演奏することをイメージするとか。その臨場感、緊張感を高める三線の練習方法が私はやはりYoutubeという公に恥をかくという訓練でした。


追記2
人間味がある歌い方、塩味が効いたような隠し味がある三線の音色。このお父さんからそんな味のある歌い方、三線の弾き方を教わりました。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する