上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイサイ!呼夢三線広め隊のサイトへようこそ(o^―^o)ニコ。全国から寒い、寒いって声が聞こえてきますが、南国沖縄は今まで私が経験したことがない?ほど、12月に入っても半袖日和が続いています。

気持は、毎日ブログも更新するぞって思っているのですが、中休みが多くてごめんなさい。🙇

さて、今日は呼夢三線広め隊ページへ素敵な投稿がありましたのでシェアさせていただきます。

投稿者:島さん

島 幸弘

100年後の沖縄は黒木(クルチ)の杜、クルチプロジェクト



100年後に沖縄にクルチ(黒檀)を植樹し、三線にして文化を継承したい!
「100年後の沖縄をくるちの杜でいっぱいにしたい」アーティスト宮沢和史さんの想いに私も賛同し参加させて頂きました。
沖縄文化の象徴、三線。その棹の材料となる黒木(くるち)は、現在沖縄県内ではほとんど採ることができません。生育に100年かかるというくるちを植樹し、100年かけて育てていこうというプロジェクトです。
 プロジェクト発足の地は読谷村。「三線の神様」「琉球音楽の始祖」といわれるアカインコゆかりのこの地から、沖縄中そして世界へも想いが広がることを願いながら、100年にわたる夢を紡いでいきます。
★『くるちの杜100年プロジェクト』Facebookページ:https://www.facebook.com/kuruchinomori/
に参加させ頂き、非売品のCDが届きました
ゆっくりと沖縄の民謡を命で感じていきたいです
とても楽しみでしたので、とてもうれしいです!
★『くるちの杜100年プロジェクト』Facebookページ:https://www.facebook.com/kuruchinomori/
に参加させ頂き、非売品のCDが届きました
ゆっくりと沖縄の民謡を命で感じていきたいです
とても楽しみでしたので、とてもうれしいです!

人生は楽しんだ者に価値。何でも楽しそうに弾きこなす八重さん ウクレレもあっという間に上手になっている



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。