はいさい!上江田武信です。昨日、感動することがありましたので、紹介しようと思います。高校生の頃から、三線をいつかやってみたい。はじめてみたいという高校生が私のYouTube動画を見ていました。その想いは大学受験ということでずっと辛抱強く三線をはじめたい気持ちを抑えて、三線を買うためにコツコツと小遣いを貯金していたようです。

三線のウマの写真

受験勉強もがんばって、合格してやっと自分の時間がつくれるようになった優君からメールが届きました。三線をはじめます。てぃんさぐぬ花、デンサー節から練習します。もちろん、呼夢三線広め隊として、三線を広めたいと思います、と。

そんな嬉しいメールが届いたのはつい最近のこと。

気になって、メールで三線の練習は順調ですか?
との返信になかなか練習する時間が取れないとのことでした。

そして、昨日。

キーの高さで困っている様子だった。

今、練習しているてぃんさぐぬ花、デンサー節を電話の向こう側で歌いだした。


私は感動した。

誰も教えてくれる人が直ぐ傍に居ないのに、てぃんさぐぬ花もデンサー節も歌を覚えたのはつい最近なのに、ここまで歌えるようになったんだ。どれほど歌を聞いて一緒に唄ったのだろう?練習したのだろう?って、思った。

でも、本人いわく、余り練習する時間がないという。


三線の練習にも、三線を学ぶ環境にも恵まれていない方が貪欲に、短期間で、本当に好きになったら自分の知らない力が出てくるものなのか?って、思った。


電話の優君とは直接関係ない下記の動画ですが、また、彼も周りに誰も教えてくれる人が居ない。仕事で三線の練習する時間も取れないはずなのに、三線を始めたばかりなのに、着実に上手くなっている。



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する