上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はいさい!上江田武信です。昨日辺りから、熊本の余震も徐々に落ちつて来たので、熊本の田中さんと電話でいろいろと話をしました。超ポジティブでした。自分のことよりも、周りの、自分よりも困っている人たちのことが気になっている。

一日も早くいつものように三線練習をしたいと(もうやっているらしいけど)想いを語っていました。

投稿者:田中キクノブ
熊本県

呼夢三線広め隊


熊本より、近況報告です。
🎼 ちょうど一年前にこの道を通った夜・・・
  昨日の事のように 今はっきりと想い出す・・・
・・何でもないような事が幸せだったと思う
  何でもない夜の事 二度とは戻れない夜♫
facebook 一年前の投稿より。
一年前の平凡な幸せと、今日の現実。。。
※平成28年熊本地震
熊本の田中キクノブです。
命に危険を感じる事って一生のうちにそう何度も無いと思われますが、
この度の2回もの震度7クラスの地震を我が家で体験しました。
家が倒壊して下敷きになるのでは?と生きた心地がしませんでした。
4月16日午前1時26分。
2回目の大地震の時、本当に家がつぶれてしまうのでは・・・と思い、
命の危険を感じました。
ベッド横のサッシのカギを開け屋外へ逃げようとしても・・・
真っすぐに立てない歩けない。。。つ、つぶれる。。。
最低限の貴重品などを手に持とうとしても焦るばかりで。
スマホを手に取ると、【津波注意報】が・・・・・!!!
『津波が来るぞー!! 逃げるぞー!!』
そう叫んで動こうとしても思うように動けない。
・・・「たぶん腰が抜けていたのでしょう。」
外に飛び出した時に転倒してしまい、両手を怪我するなどのトラブルがありましたが、
家族の手をとり急いで車に飛び乗った!
猛スピードで車をとばし丘の上展望公園に避難しました。
ーーーーーーーーーーーーー・・・
あれから一週間。
皆さん。
心配していただき沢山のメッセージなどもいただきまして、
ありがとうございました。
今のところ、私は大丈夫です。元気にしております。
私が居る玉名市は一番被害を受けた地区から30~40㎞離れていまして、
屋根瓦が一部崩れる程度の被害地区です。
どちらかと言えば被災中心部に向けて、
気持はボランティア作業現場に応援しに行く立場にあります。
が、老人ホームに勤務していますのでココを離れる事は出来ません。
※※※
4月23日(土)雨の降る熊本。
あと2名の行方不明者の捜索活動は再開されたのだろうか?
同じ熊本に住みながら今日も被災現場に駆けつけられないこのもどかしさ。
今も避難生活をなされている人々が9万人もいらっしゃいます。
私の家の隣の倉庫も救援物資の一時保管倉庫として使われています。
見ると、倉庫内は全て『水』でした。
全国各所から届く救援物資の水の一部がこの場所に一時保管され、
被災地の各避難場所へと分配されるようです。
そこで会った若い青年の胸にはガムテープに、『リーダー』と書いて張り付けてありました。駐車場の車のナンバーは大阪・京都など各地から来たボランティアの方々のようでした。
『ボランティア活動。頑張って下さいね。』
としか言えない自分がそこにいました。
自分に出来る事を考えていこうと思います。
※※※
一日も早く行方不明者の捜索が進み、
一日も早く復興作業が前へ進みますように。
くまもとんもんが元気になるごつ。
がんばらんとでけん。
【全国のお友達の皆さま。本当にありがとうございます】
負けんばい。
がんばるばい。熊本。


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。