はいさい!上江田武信です。今日の沖縄は夏、夏でしたよ。ようやく日も暮れて涼しくはなりましたが扇風機を回しています。天気も最高に良かった。海水浴が目当てで沖縄入りした方には最高の海水浴日和でもありましたね。

さて、三線をはじめたばかりの方から、これから三線をはじめたいという方、そして、ある程度の経験者からベテランの方まで、呼夢三線広め隊のWebサイトや皆さんがYouTubeへ投稿する動画を見て共感、共鳴して、呼夢三線広め隊へ入隊申込みが相次いでいます。

こんなことがありました。
沖縄県外で、高校で、大学で、三線サークルがあるそうです。いつも何気に聞いていたけど、自分でも三線を弾きたくなったと。その時に、そんな方はYouTubeをみますよね?楽しそうに演奏している皆さんの動画を見ての入隊の動機だったそうです。

こんなことがありました。
長年、三線教室へ通っているけど、三線が楽しいと思わなくなってきた。情熱が薄れかけていた時にYouTubeの動画、当サイトで、初心に戻って、もう一度三線を楽しく弾いてみたい!そんな入隊動機の方から電話がありました。

沖縄生まれ、沖縄育ちではありません。しかし、沖縄の音色を、歌を聴いていると私の魂が喜ぶのです。それが入隊する動機です。

私もそうですが、三線をはじめるきっかけはひとそれぞれだと思います。

私にとっての三線は、三線から感じるエネルギーを活かし、三線は自分の個性を引き出してくれる鏡でした。





三線の写真

沖縄生まれ、沖縄育ちの人たちの個性は似ているところが多い。

ハジカサー(シャイ、内向的)

子供の時は、「何で、ハジカサー(恥ずかしがる)するの?」って、言われて、大人になると目立つことをすると(ネガティブで)「あっせよー、ハジチラーヤー(面の皮が厚い)」という言われる。がはははははは・・。

そんな環境で育った私ですから、三線をはじめて頃に、下手くそな三線で、三線の楽しさを伝えるまでには時間がかかりました。誰もまだやっている人たちがいなかったからです。

三線が大好きになるために





上手く弾こう、上手く歌おうって思うと緊張した表情になります。楽しく弾こう!楽しさを伝えよう!って、歌うと笑顔になれます。

私にとっての三線の音色は、楽しいと思った時はより楽しく、笑顔を増やしてくれて、辛いと思って弾いた時は辛抱を強くしてくれた特別な楽器であり、お墓参りで弾く時は神器と感じました。


大げさに聞こえるかもしれませんが、気がつけば、たった一度の人生を変える訓練を私は三線を手にした時からはじめていたような気がします。





この父子を見ているといろいろなことを感じるのです。親子で大切な時、時間を1万時間使うと奇跡も起こるという。凡人でも天才になるという時間が喜愛の10,000時間の法則があるという。

まだ三線をはじめて何百時間も経っていないと思う。楽しいな親子の演奏を沖縄に居ても視聴できる呼夢三線広め隊の大ファンの私です。



三線を手にしたら脱皮しやくすくなる。ハジカサーからハジチラーに脱皮しよう!

三線の写真 蛇の皮

みなさん、一緒に楽しく三線愛を広めましょう!!伝えましょう!!!
呼夢三線広め隊 メンバー募集中です。

三線三昧のブログを開設しました。自分の情熱というエネルギーに従って人生をワクワクさせる道を歩もうと思う。
呼夢三線店のブログを開設しました。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する