はいさい!上江田武信です。いやいや今日もビックリさせられる動画が投稿されていましたね。小学2年生の楓ちゃんが三線を始めたのはまだ3、4か月しか経ってないような気がします。(確か、私の記憶では)

楓ちゃんの三線の先生はお父さん。そのお父さんも三線はじめてやっと1年が経ったと先日投稿していたので、親子して三線が大好きでいつも家族の晩ご飯のおかずは三線の盛り付け話なんでしょうね?(笑)

子供はほんと楽しいことを先に発見するので、大人のように難しいというより楽しいことをたくさん発見しているから覚えがとくに早いのでしょうね?

そんな楽しそうに練習している小学校2年生が練習始めたばかりのヒヤミカチ節が投稿されていました。参った。参りました。後、数か月後がさらに楽しみになってきました。

ウチナーグチ(沖縄の言葉、方言)が歌だから、英語を覚えるような感覚だと思うのですが、歌もちゃんと覚えていますね。



また動画アップしてくださいね?楓ちゃん とてもじょうずでしたよ。




カンカラ三線を作ってみよう!!


三線を数本持っていても遊び心でカンカラ三線を弾いてみたくなるものです。そんな人も少なくないと思います。終戦直後の沖縄では物資も三線の材料も揃わなかった時に生まれたのがカンカラ三線だったのではないでしょうか?

趣味を超える出来栄えのカンカラ三線の出来上がり。あれっ、棹も自分で削ったのかな?

カンカラ三線




三線は免疫力アップ

八重さんの向上心、練習熱心にはいつも頭が下がります。




さて、みなさん、今日は3.11 東北大震災から5年になります。私も毎年3月11日は心を東北に向けて撥音を奏でています。
時間がある方、三線の音色で追悼しましょう!!
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する