はいさい!上江田武信です。週末の日曜日、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?天気が良い地域の皆さんは、そうだ、てぃんさぐぬ花リレーの撮影に出かけよう!!って、思っている人もいるでしょうね?

沖縄も良い天気に恵まれています。温かいですよ。気分は、愛犬達と一緒に夕方から海へ出かけたい気分です。

上江田武信

今日、facebookの呼夢三線広め隊のページのカバーを変えました。変えた時にふと想い出したことがあります。そんなことを投稿しようと思います。

愛犬サンバ

個性とは?個性って何?


私も最近よく使っている個性という言葉。毎日のようにいろいろな人たちと出会うから感じる個性ある人たち。では、個性って何だろう?自分の個性とは?何気に使っている個性ですが、改めて、個性って何ですか?って、質問されると実にあいまいな定義だと思います。

例えば、三線をはじめて急に歌も三線も上手になった。呼夢三線広め隊のメンバーには絵が上手な人も沢山います。それも個性?それは個性ではなく才能?という表現が当てはまるかもしれませんね。一風変わった人を個性があるという場合もありますよね?

私が感じる個性とは?
よく私が使っている個性の認識とは?自分で自分の個性に気づきその個性を引き出す。そんなふうに良く使っています。

私は、三線をはじめてから自分の個性について客観的に見えるようになりました。どうしてか?
それは日々の暮らしも含めて、たくさんの自分を映像として(YouTubeに投稿)記録し続けたからです。

私が感じた個性とは?
生まれ持った個のこと。(遺伝子、要素、才能、得意、DNA)先祖代々受け継いで生まれながらにして持っているモノなのか?と思うようになりました。

何が言いたいのか?
私は三線がきっかけで今の個性と新たな個性が生まれて今の自分が形成されていったように思います。私にとっての三線は恥ずかしがり屋という性格の個性を上手に目立つことが好きな個性へと変えてくれました。(笑)

人と付き合うことよりも、自分だけの世界の中で生きることが好きだった私の個性が、大勢の個性と個性の集団の中で磨かれていくことが好きになった。

ということで、みなさん、潜在意識の中で眠っている個性を引き出して、三線の練習も人と違う楽しみ方を見つけてくださいね。


三線を始めていなかった10年前と今の写真です。
10年前の私と今の私と同じ自分なのにもう考え方も個性もだいぶ変わったことに気がつきます。

私から見える、感じる、皆さんは個性的で、個性豊かで、才能も努力も経験も知識も豊富な人ばかりです。新しいことを始めると自分のことなのに気がつかなかった新たな個性に気がつきます。

本当の自分の個性と出会うタイミング。
山ほどのネガティブ(辛い)と山ほどのポジティブ(幸せ)と出会った時に感じやすいようです。私の経験からもそう思います。
517_316210993_n.jpg
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する