幸せます


山口県民の人たちがよく使う言葉がある。

幸せますとは


助かります。嬉しいです、という意味だそうだ。幸せ増す。今まで聞いたことがない言葉が暖かく感じた。

幸せますを口癖にしている前川さん親子が三線の練習風景をブログに投稿していた。そんな微笑ましい光景は皆さんにもシェアしたい。

3年ぶりに沖縄で会った時にはじめて手にした三線。三線を教える時間がなかった。大丈夫かな?周りに誰も教えてくれる人が居ないけど大丈夫かな?挫折などしないかな?そんな心配をよそにしっかりと親子で練習を開始した光景が紹介されていました。


呼夢三線広め隊


寒い日は三線の音色であたたまろうと鳴らしてみる。
「弾いてみる」レベルには程遠いので、「鳴らしてみる」(笑)。
ひよりも、鳴らしてみる。
扱いが雑でハラハラするけど、「丁寧にね」と声をかけてじっと我慢。せっかくの芽をつんでしまわないように。
しかし…。とりあえず、練習の前に勉強だね。調弦からだな。
心はあたたまったけど、体はやっぱり寒いので(笑)。布団にもぐって、今日はYouTubeで勉強(笑)!!
寒波、早くあっちいけー!!

呼夢三線広め隊

呼夢三線広め隊

音楽って良いですよ。とくに三線は良いですよ。右脳を刺激してくれます。想像力が豊かになります。もうすぐ心が弾み出しますよ。それまで、コツコツと継続して続けることがコツですからね。

沖縄のおじさんも応援していますよ。ひよりちゃん♪

お二人の為に沖縄からエールを贈ります。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する