上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤犬子伝説 三線の神様





はいさい!上江田武信です。前回、三線の神様へてるてる坊主を作って、てぃんさぐぬ花大会が雨にならないようにと願った楓ちゃんの投稿をしてふと思い、三線の神様として尊敬されている赤犬子伝説について投稿しようと思います。

みなさんへ質問です。
三線を始める確率はどの程度ありましたか?

私は沖縄と横浜を行ったり来たりで仕事をしていたから、Uターンする確率も高かったので、私が三線を始める確率は(50歳の時)90%以上あったと思います。

しかし、犬を飼う(サンシンちゃん)確率は1%だったのです。何故ならば、家内が大の犬嫌いで昔からことごとく大反対されたからです。夫婦げんかしてまで犬は飼えないですからね?しかも、普通の反対じゃなくて泣かれるほどの大反対でしたから。

でも、何故、犬を飼ったの?

って、ことになりますよね?

大反対されても犬を飼うエネルギー、妻が泣いて反対しても飼うエネルギーが生まれたのは、三線の神様が飼っていた犬(赤犬子)=サンシンちゃんだったのです。

401438_313748878669335_1043089804_n.jpg

55sanshin.jpg

そして、サンシンちゃんを私が飼うために大勢の応援者、協力者が現れたのも心強かったですね。その人が私に何といったか?

忘れもしません。

「上江田、サンシンちゃんは、三線の神様が上江田に与えたギフトです。この子は君に助けを求めています。僕は犬を9匹飼ったいたから犬の気持ちがわかるんだ」と、私に言ったのです。あの当時は、本当に信じましたよ。今でも信じていますけどね。名護功があんなことを言わなかったら、私が犬の扱いを慣れるまで泊まり込みでサンシンちゃんの面倒を見てくれなかったら、私はこんなに犬好き、三線好きになっていな方と思います。

名護功

YouTubeに動画を投稿して、三線愛を広める確率100%

三線と犬の条件が揃っていなかったら今のようにYouTube動画を投稿しようと思わなかったでしょうね。そして、今日のように続かなかったと思います。

説明が難しいのですが、皆さんが三線をはじめた確率を意識してみるとちょっと思わぬことに気づくかもしれませんよ。

あなたが三線を始めた確率。しかも、夢中になる確率は、きっと奇跡的な天文学的な数字かも知れません。それは、きっと奇跡の確率だと思います。




あっ、だいぶ、話しが逸れましたね。
私も三線を初めてから知りました。赤犬子の話。赤犬子伝説。



知らない方の為に、赤犬子伝説を紹介しているサイトをシェアします。

赤犬子(あかいんこ)
昔、読谷山間切楚辺村の《屋嘉》に、チラーという大変美しい娘がいた。その娘には大変可愛がっている赤犬がいた。ある年、長い早魃が続き村の井戸はすべて枯れ果てて、村人は大変困っていた。

そんなある日、赤犬が全身ずぶ濡れになって戻ってきた。赤犬はチラーの前で吠え立てて、着物の裾を口でくわえて引っ張って行った。この日照りに犬がずぶ濡れになってくるのはおかしいと思ったチラーは、さっそく後について行くと、その赤犬は部落南側の洞窟に入って行った。しばらくすると、赤犬は再びずぶ濡れになって戻ってきたので、びっくりしたチラーは急いで家に戻り、そのことをみんなに話した。それから洞窟の中に水があることが分かり、早魃をしのぐことができた。これが暗川発見の由来である。・・・・・・・続きはサイトに詳しく紹介されています。

>>>>楚辺公民館

ウチナーグチの勉強にもなります。

動画で紹介する赤犬子伝説



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。