上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤犬子(あかいんこ)伝説

私の愛犬の物語


歌と三線の むかしはじまりや
いん子ねあがりの 神の御作


意味:歌と三線の始まりは、赤犬子が奏でる音が始まり。まさに神の御作であろう。
呼夢三線広め隊

呼夢三線広め隊

その前に、私が特別な想いで愛犬サンシンちゃんを特別に可愛がる理由
私は長年、沖縄で暮らしていたのに(23歳まで)赤犬子伝説のことも(三線を広めた人)まったく知らなかったし、聞いたこともなかった。(もしかしたら、聞いたことはあるけど意識していなかったで聞き流していたのかもしれない)

私が三線をはじめて頃に、直ぐに愛犬サンシンと出会った。私は一目ぼれした。その子は、もし、あと少しの期間で里親が見つからなかったら、きっと、保健所経由で犬生を閉じるところだった。

私が引き取るまでに飼い主が4回も代わった。飼い主が変わった理由。
吠える、人を噛む、
私は、迷いに迷った。愛犬を本当に育てる自信が瞬間的には無かったからだ。毎日、毎日、里親募集をしているそば屋さんに愛犬に会うために通った。毎日、お昼は沖縄そばだった。

もし、そば屋の店主が犬好きでなければ、きっと、サンシンちゃんは私と巡り会うことは無かったのかもしれない。

そこで、私は1週間ほど一時保育も繰り返して、大・大反対の妻を説得出来なかったので、時には、会社で、時には玄関で一緒に愛犬と寝た。

1か月後、根負けした妻。最後に愛は勝とサンシンちゃんと大喜びをした動画も撮ってある。(笑)

残念ながらサンシンちゃんは、妻の名前は知っていても私の名前は知らない。妻は私のことを名前で呼ばないからだ。(笑)

そして、愛犬を引き取る時に私の脳裏に浮かんだのが、赤犬子(三線の神様)の伝説物語。

昔、昔の話なので、もしかしたら伝説上の人物なのか?
諸説あるが、興味がある方は自分の目で調べて確認して欲しい。

YouTubeに

赤犬子伝説

の話をウチナーグチ(沖縄の方言)で紹介されていた。

私は、すべての内容が理解できる。
いつか、時間を見つけて、翻訳ならぬ、ウチナーグチの意味を解説しようと思う。

赤犬子伝説を紹介しているサイト楚辺公民館



赤犬子伝説を詳しく紹介しているサイト


沖縄の三線(三味線)音楽の始祖として尊崇されている伝説上の人物。


では、紹介しましょう。赤犬子物語 伝説の動画
このような動画を製作した方々に感謝します。シェアしたいと思います。




愛犬物語

愛犬サンシンちゃんがソファの上に上がっても、ママに許可された時の動画がこれだ。
サンシンちゃんが(三芯)赤犬子といつもリンクする。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。