上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄県 安慶名 和香

三線は出会いを素敵にする魔法の杖




全国の呼夢三線広め隊が沖縄に行った時に立ち寄りたい、美味しいランチを食べたい。憩いの空間になりつつあります。
以下、安慶名和香さんの三線との出会い、夢を語って頂きました。まだまだ謙虚な和香さんです。みなさん、応援してあげてくださいね。by上江田武信


呼夢三線広め隊

私が、真栄田章良さんと出会ったのは平成23年。ちょうどカフェのOPENを数か月後に控えていたころでハードの部分は、完成しつつ頭もそればっかりだったのがようやくソフト面(集客、経営、人)に目を向けなくっちゃ!と思っている頃、インターネットから真栄田さんのセミナーにたどり着きしかも、確かセミナーの日の当日か前日の申し込みでしたがトントンと進み参加することに。。。

沢山の集客や経営などに関する本は、かなり読み込みでも理想と現実。ギャップに悩みこれからもOPENしたらどんな事態になるんだろうか?。。。
夢を実現させる時のスタートはそれはそれは勢いよくスタートしたのですがだんだんと準備が進みオープンを目前にすると不安で夜も眠れない。今、振り返ると当然のことですがそれも含めて今ではいい経験になったなぁと思えますが。。。
そんな時期に、いいタイミングでセミナーに参加させてもらいました。
真栄田さんの、経験と実績と考え方からほんとにわかりやすく飲食経営の大先輩の声はとても具体的で不安が少しづつ解消されていくのを感じました。

何回目かのセミナーで、真栄田さんが「実は僕は、三線を始めているんですよ。毎日恩納村まで通っている。恩納村にいる呼夢さんという人に会いに毎日。」

すごく、惹きつけられているような印象を持ちました。
その時は、そうなんだ~三線にはまっているのね!位にとらえてました。

私は、うちなーんちゅで保育園、小学校と何かと沖縄の民謡に触れる機会も多く
小学校では音楽の時間に「てぃんさぐの花」も歌ったと思います。
学校のクラブでも、三線クラブもありましたが完全に体育会系の私には全く興味が無く
発表している彼らを見て「フーン、上手じゃん」くらい、、、三線のイメージは堅苦しく、おじぃがやるものだと。。。
旧盆の前になると、スーパーなどで当たり前に琉球音楽が流れテレビも民謡大会?みたいな
つまんないイメージ。酷いですね。。私(笑)でも、そういうイメージ持ってる沖縄の方少なくないと思います。
多分、沖縄人口の半分以上は居るかと。。。(大げさかしら?)

私の三線に対する、イメージはそんな感じでした。

店のオープンから2年くらいたった頃Facebookをはじめました。
真栄田さんとFacebookの繋がりから「呼夢三線広め隊」の存在は知ってました。
初め、何となく目にしてましたが段々広め隊の活動が大きくなっているのを感じ
隊長の投稿もよく、見るようになりました。
その頃から、私の三線に対する印象は大分変って来ていました。

そんな時に、真栄田さんから「三線やってみたら?呼夢三線広め隊にも入隊してみたら?楽しいよ~」と声をかけて頂き、私が三線?弾けるようになるの?「難しくないですか~?」と聞いても「大丈夫よ~」とホントに気軽に。。。

自分が三線弾いてるの想像したら。。。
なんだかわくわくしてきて、早く弾きたい!楽しみ~と一瞬で思ってかなりテンションマックス!娘のひなに一緒にどう?と誘ってみたら、目をキラキラさせて「やる~!!」
じゃ、親子2人で三線楽しもうね!と意気投合しました。
それから、本部の三線合宿にも2人で参加し、「てぃんさぐの花」が一通り、弾けるようになって、工工四の読み方を習い自宅で練習ができるようになると、楽しくて楽しくて
私の夢が、どんどん増えていきました。

ひなと二人でYouTubeでみた古謝美佐子さんの「童神」
ゆっくりと三線弾きながら、ひなと歌いながら一生懸命になってると
ひなが、私に抱き付いてきてぎゅーっと。
なんか、心が揺さぶられたようででもその原因がわからなくて不安になったみたい。
それから数日間、童神を歌うとひなは逃げて聞かないこうとしてみたり。。。
歌って、小さな子供にも心に響くんだなぁと思い
ゆっくりと丁寧に、この歌の意味、想いを教えました。
すると、安心したように「この歌、大好き もっと聞く」といって今では一番好きな曲です。

そんな、想いを伝えてくれる三線。

呼夢三線広め隊

呼夢三線広め隊

呼夢三線広め隊

呼夢三線広め隊


沢山の人に、三線で想いが伝わり、笑顔になり癒しになり・・・素敵だなぁ
居てもたってもいられず、三線持って実家へ。。。
自宅に母も父も居て、雑談しながら「私、最近三線弾けるようになったのよ。聞いてみて!」
と、「てぃんさぐの花」「安里やユンタ」「涙そうそう」「童神」と弾いてみせると
母が感激し、「うちの家族から、三線弾ける人ができた~!!」と意味の分からない感激でしたがとりあえず喜んでもらえました(笑)

私が小学校の頃、料理やお菓子作りに興味を持ちレシピ本をよく図書館から借りて
家で作ったりしてました、その時に「お料理ノート」をつけていたんですね。
その中の一部の私のコメント。

「お菓子もお料理も、もっともっと上手になりたい!そして、お料理作り名人と言われるように
なりたい。そして沢山の人を幸せにしたい」

そんな、子供のころの夢、すっかり忘れてしまってました。
大人になり、会社員になり忙しく日々送ってました。

ふと、このノートが出てきて想いがよみがえるように思い出しいつか叶えたいと
思うように。。。

そのお店は、行くと元気になれるような心も体もエネルギーを充電できるような場にしたい。
お友達と、わくわく楽しいひと時。家族でも安心してご飯食べてみんなが笑顔。
一人でもゆっくり、心が落ち着く場所。

当初から今も変わらず、その思いでお毎日店に立ってます。
三線を始めるようになり、その想いが具体的にイメージできるようになりました。

お店で、お客様に三線でおもてなしできたら素敵だなぁ。。。

誕生日のお客様にはお祝いの歌。
お子様連れていたら、童神。
本土のお客様には楽しいアップテンポな曲。
沖縄のお客様にも、その場を皆で共有できるような空間に。。。

rong>私の夢。です。いつか叶えたい。

全国から素敵な笑顔の仲間が友が訪ねてくれます。
撮影場所:hinata cafe
〒904-2213 沖縄県 うるま市田場274-1
098-989-3896
facebook
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。