クルチ(黒木)三線でも弾かないとただの枯れ木


カンカラ三線だけどクルチ三線を超える・・の巻



てぃんさぐぬ花大会

りおん君と初めて会ったのは、彼が小学校5年生の時。まだ三線を始めたばかりの頃だった。その時から、もう私よりも遥かに三線が上手だった。

三線始めたばかりの小学生が、見よう見まね、耳コピーで唐船ドーイ、豊年音頭、てぃんさぐぬ花、デンサー節などすでに三線を始めた時から弾いていたのを昨日のことのように想い出す。


てぃんさぐぬ花大会

そんなりおん君と3年ぶりに、

第3回 てぃんさぐぬ花大会

で会えました。


生まれる前から、神様とお話をしたという。生まれる前から、お父さん、お母さんを選んで生まれたという。

沖縄産まれ、沖縄育ちならそんなにビックリはしませんが、りおんは、沖縄から、沖縄の音色から何かを感じて、心動かされるのでしょうね。

どんな曲でも数回、聞いただけで勝手に手が動き出すからビックリさせられる。


東京生まれ、東京育ちのりおん君は神様からのメッセージ通りだったのか?沖縄がとても好きなようです。


しばし、三線歴もまだ浅いりおん君の歌とカンカラ三線の音色を視聴してください。




追記:前回の投稿でオジーと孫の話題を投稿したので、追記でオバーと孫の歌・三線を紹介したいと思います。

以下、呼夢叶夢のブログより参照


沖縄のオバーも三線が上手。孫はきっとお婆ちゃんを超えるのだろうな



沖縄のオジー、オバー

沖縄のオジー、オバー

第3回 てぃんさぐぬ花


の様子です。前回も投稿しましたが、親子、オジーと、孫、オバーと孫の共演が多かった大会でした。

そんな中、ステージに上がる前に孫と一緒に音合わせをしている雰囲気は、いつも三線の練習をしている時と同じだ。

楽しそうに、嬉しそうに孫と息合わせをしている素敵なお婆ちゃん。年齢を聞きました。若い、若い。お婆ちゃんって、いうととても失礼だと思いますが、千空さんから見れば、自慢の美人で、歌も三線も、サンバも上手な素敵なお婆ちゃんなんでしょうね。

そんなほのぼのとした光景を映像に撮ってみました。孫を見つめる沖縄のオバーは逞しい。優しい。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する