上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼夢三線広め隊


世界最大級の三線サークルを目指す


沖縄県 代表十役 上江田武信(うえたたけのぶ)
呼夢叶夢(夢を呼び夢を叶える訓練場)

上江田武信

私は50歳の時に再起動しました。全てを失いましたが心の中から産まれた夢を語り始めました。
BGMは三線音色、沖縄の歌、てぃんさぐぬ花を唄いながら。
これからは心の中から産まれた夢、アイディアをブログで綴っていきます。
先行者利益:苦しかったけど、挫けそうになったけど、自分の夢を信じて、芯の棒が折れないように
訓練しました。はい、YouTubeはそんな私の夢を応援していることを感じたからです。
呼夢叶夢のブログへ夢を、未来の笑顔を綴りはじめます。


呼夢三線広め隊

◯三線との出会い
私は、沖縄生まれ、沖縄育ちのです。三線の音色、沖縄民謡は、生まれながらにして、日常の生活の一部でした。私が子供の頃は、ラジオ、テレビでも毎日のように娯楽が少ない時代でもありましたから、沖縄芝居などもよくオバーに連れらて見ていました。

そんな良い環境で生まれ育っているのに、当時は三線にもあまり興味はありませんでした。その後、沖縄を離れて、横浜で30年あまり長い歳月根を張って暮らして、里帰りの際に、那覇空港で流れていた、てぃんさぐぬ花の歌に心洗われる思いがしました。

時、50歳。丁度何かを始めたいと思っていたグッド・タイミングの時でもありました。私の心にスイッチ音(ON)したのが、てぃんさぐぬ花でした。

それから、間もなく、余命半年と宣告された母との想い出作りがはじまったのです。


◯世界へ発信しようと思った理由 発信力は行動力

私は、40歳から今の三線と同じようにパソコン、インターネット、IT発信に夢中になっていました。それが、いつの間にか仕事にもなっていました。

私が落ち込んだ時、苦しい時、悲しい時、辛い時、寂しい時に奏でた三線の音色は、いつも私に不安な雑念を遮断して、笑顔になるような夢を見させてくれました。

上江田武信

少々、IT発信には自信がある私だ。(本人の思い込み)俺ならできる。長い歳月、沖縄の人たちを心躍らせた、励ました沖縄の音色を世界へ発信しようと、三線を始めたばかりなのにそう思うようになりました。

その一念をYouTubeに想いを託して投稿すること1600本以上の動画。成功は人を雄弁にするというけど、私は、大ピンチの時にこそ、夢を、想いを語り雄弁になるべきだと、弱い自分の心に言い聞かせました。呼夢三線広め隊、世界中に10,000人で大演奏をしたら、きっと、ギネスだと思います。

◯私の使命 残りの命の使い方

三線を手にしてから、私の根本的な考え方が大きく変わりました。始めたばかりの三線なのに、いつもワクワク・ドキドキする夢を抱くようになりました。

夢が膨らむことと反比例して、経済が苦しくなってきた。その時に、感じたことが、お金では買えない価値を産み出そうとそう思ったのです。
トコトン、貧乏になってみないと味わうことが出来ない感謝、優さ力を感じないと思ったから、貧乏も苦ではありませんでした。(良くなる前触れを感じながらの辛抱はいくらでもできる。)

随分と遠回りもしたかもしれないけど、この夢を見るために、実現するために、いろいろな必要な経験を積んできたのだと自分に言い聞かせました。

50歳からの私の命の使い方という名の使命。物の豊かさから心の豊かさを求める、新しい時代になっていることを感じたのである。


◯継続は力、継続は宝、継続の継続は歴史となる
いつの間にか私の口癖からみんなの口癖。その言葉がどれほど私に力を与えてくれたことか。

言葉は心の真似をする。心も言葉の真似をする。だから、私は、どんなに苦しい時も、ネガティブな発信は、言葉は発しないでおこうと決めました。

私が口癖のように歌っている歌が、てぃんさぐぬ花の曲に乗せて、継続は力、継続は宝、継続の継続は歴史となる。
そうだ。俺は、俺達は、今までの常識では出来ない、新しい常識で、歴史を作るのだと、自分に暗示をかけるように歌い続けました。
◯他喜力を身に付ける
もし、私が三線を始めた頃、母が涙を流して、喜んでくれなかったら、私はそこまで三線に夢中にならなかったと思います。

もし、私が世界一大好きな母を喜ばせようと思わなければ、他喜力を発揮できなかったと思います。



もし、母が遺言のように、見舞いに行く度に、「武信、人生ある切っ掛けで大きなチャンスを手にすることが出来る。その切っ掛けは人それぞれ。母さんは、すぐに人と友達になるキッカケを作るのが得意だった」
事など、ことあるごとに、私に【キッカケ】の話を良くしていました。親孝行したい一心で、沖縄にUターンした。親孝行がキッカケで三線をはじめた。夢中になった。三線がキッカケでYouTubeに投稿する勇気が出た。今は、その想いを世界へ伝えようと大きなエネルギーが湧いてきています。

YouTubeがキッカケで、多くの仲間がどんどん増えてきた。出会いが増えた。そして、数年後、人を喜ばせる【他喜力】が徐々に、徐々に身についてきたような気がします。その力を発揮するのはこれからです。
これからは、多くの素敵な仲間たちと私がまだ一度も感じたことがない、想像もつかない感動を仲間と共に味わいたいと思います。

上江田武信

全て50歳からゼロから再起動という脱皮を繰り返してはじめた仕事だけど、
私の仕事は、夢中なれる、夢中になるものに夢中になることが仕事。
私の仕事は、趣味が仕事。趣味が仕事。
私の仕事は、人を喜ばせることが仕事。
私の仕事は、沖縄の魅力、沖縄の音色を世界中に発信し伝えることが仕事。
私の仕事は、YouTubeで誰かに勇気を与え、笑顔を増やすことが仕事。
私の仕事は、ワンちゃんたちと遊ぶことも仕事。
私の仕事は、人が羨むほど遊ぶ、学び気づきが仕事。
私の仕事は、1000人に私と同じように(それ以上)沖縄の魅力を発信出来る人を育てることが仕事。
私の仕事は、〇△□■◆※%&!” いつか語ります。(ひみつ)
そんなことをして傍楽(まわりをたのしくして)働こうと思う。
私の使命は、沖縄の音色を束にして一万人で奏でる、歌う、夢を実現させることが仕事

ひとり十役を目指して。
呼夢三線広め隊

私にとってのてぃんさぐぬ花の歌は、母との心の繋がりになるまるで讃美歌のような歌です。
私にとってのてぃんさぐぬ花の歌は、私の口癖です。
私にとってのてぃんさぐぬ花の歌は、私の人生の生き方そのものです。




呼夢三線広め隊入隊申込み
呼夢三線広め隊とはについて
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/11/23 21:44 ] [ 編集 ]
Re: 親ぬ教し事や
宮本さん ありがとうございます。
再び、宮本さんのメッセージをあなたのご両親への供養の手紙として、天国へ説くようにと紹介させて頂きました。

> 私の母は、父が自宅で入浴させている最中(父はほとんど自力で母を介護しており、一緒に浴槽に入っていた)父の腕の中で心不全を起こして亡くなりました。その 父も数年間一人暮らしを続けた後、今度は餅を喉に詰まらせて一人で逝ってしまいました。なので私たち兄弟4人誰も死に目にも立ち会えず、二人ともまるで遠慮するかのように逝ってしまった のです。上江田さんは最後お母上を喜ばせることができて本当に良かったですね。変な話しですが、親を亡くすと、今度は自分の番なんだなって嫌でも自覚せざるを得ない。色んな事実が自分が老化している現実を突きつけてくる。僕の勝手な思い込みかも知れないけれど、人生が有限だってわかると、何故上江田さんがあそこまでエネルギッシュに頑張れるのか理解できるように思えます。ジリジリして、もう一時も待っていられない、まだ体も頭も働くうちに何かやっておきたい、親にもらったこの命、きちんと使い切りたい。東京の実家は処分してしまってもう帰る所もないが、これからは私が好きな所が私の故郷。てぃんさぐの花、下手くそでもそれなりの思い入れを持って唄わせていただきますよ。夢を実現する為には健康も大切ですよ。上江田さん、時にはしっかり休みもとってこれからも頑張って下さい。
[ 2015/11/24 16:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。